Bytecoinの不思議な歴史

Bytecoinには、プライバシーと匿名のトランザクションを誇る暗号通貨の適切な歴史があります。それは、開発者が最初に不正に主張したように、2014年ではなく2012年に、今やユビキタスなCryptoNoteアプリケーション層に基づく最初の暗号通貨として誕生しました。同様の名前のビットコインから完全に独立したBytecoinは、暗号通貨をその暗号のルーツに戻し、ユーザーに真に匿名のピアツーピア通貨を提供することを目的としていました.

今日、Bytecoinはほとんどの主要な取引所で見つけることができます。しかし、このプロトプライバシーコインの先史時代には、業界全体の縮図が含まれています。したがって、それは暗号通貨が将来進む方向についての手がかりを与えるかもしれません.

Bytecoinの不思議な歴史

Bytecoinの先史時代

Bytecoinの起源について話すには、まず、はるかに有名で裕福ないとこであるBitcoinの起源について話す必要があります。まだ知られていないエンティティである中本聡が2008年に作成したホワイトペーパーでは、ビットコインは、銀行などの信頼できるサードパーティを使用して人から人へお金を移動する従来のシステムに代わるポピュリストとして提示されています。実際、この新しいビットコインは、純粋にピアツーピアのシステムとして設計されており、コードに直接記述されたルールについて信頼できるサードパーティを避けています。理論的には、少なくとも、ビットコインは、ブロックチェーンと関係者だけがそれを知っている状態で、ある人から別の人にかなり匿名で転送することができます.

これは、サイファーパンクが革命的な秘密を交換し、ネオヒッピーのコミューンを構築し、愛と平和、そして多くの多くのワイヤーによってリンクされているイメージを思い起こさせます.

現実はかなり異なっていました。ビットコインの元々の巨大なユースケースは、シルクロードのオンライン闇市場で選択された通貨でした。ここで、ビットコインは、少なくとも理論的には、麻薬、武器、その他の違法な運賃と匿名で取引される可能性があります.

シルクロード(およびその後継者)の最終的な失敗と、ビットコインでの数百万ドルの米国政府の没収は、追跡不可能とされるビットコインが結局それほど追跡不可能ではなかったことを明らかにしました。少し調べれば、ビットコインのアドレスと支払いをオンラインIDにリンクすることができました。これらのオンラインIDは、画面の背後にいる実際の人々にリンクされ、逮捕や没収につながる可能性があります。.

CryptoNoteを入力してください

CryptoNoteは、ビットコイン内でこれらのプライバシーコインに対処する試みでした。 2013年 CryptoNoteホワイトペーパー 自分自身をビットコインと明示的に比較し、ビットコインのより単純な台帳システムの代わりに複数の署名を使用しているため、プライバシー保護の代替手段として自分自身を提示しました.

かなりの量の複雑なコーディングの下で​​、問題はビットコインのリンク可能なアドレスに帰着します。 CryptoNoteはこの問題を直接解決します.

「クラシックビットコインアドレスは、公開されると、入金の明確な識別子になり、それらをリンクして、受信者の仮名に結び付けます。誰かが「アンタイド」トランザクションを受け取りたい場合は、プライベートチャネルで自分のアドレスを送信者に伝える必要があります。同じ所有者に属していることを証明できないさまざまなトランザクションを受け取りたい場合は、すべての異なるアドレスを生成し、自分の仮名で公開しないでください。」

CryptoNote開発者は説明しました.

「私たちは、ユーザーが単一のアドレスを公開し、無条件のリンクできない支払いを受け取ることを可能にするソリューションを提案します。各CryptoNote出力の宛先(デフォルト)は、受信者のアドレスと送信者のランダムデータから派生した公開鍵です。ビットコインに対する主な利点は、すべての宛先キーがデフォルトで一意であることです(送信者が同じ受信者へのトランザクションごとに同じデータを使用する場合を除く)。したがって、設計による「アドレスの再利用」などの問題はなく、オブザーバーは、トランザクションが特定のアドレスに送信されたかどうか、または2つのアドレスをリンクしているかどうかを判断できません。」

Bytecoinの誕生

BytecoinはCryptoNote標準を採用した最初の暗号通貨であり、すぐにプライバシー保護ビットコインの代替手段としての地位を確立しました.

初期のBytecoin開発者HarryUllman CCNにインタビューで語った –もちろん、彼のプライバシーを保護するために電子メールで実施されました–ビットコインのアルゴリズムはCryptoNightを作成するためのベースとしてCryptoNoteを使用して微調整されました。最終的な目標は、完全にリンクできないトランザクションでした.

「[ビットコインの]ブロックチェーンは誰でも利用できる台帳であり、支払いを追跡可能でリンク可能にします」とUllman氏は述べています。 「しかし、私たちは、金融プライバシーが電子現金の重要な特徴であると信じています。政府やマーケティング担当者に関係なく、取引履歴に第三者がアクセスできないようにする必要があります。この問題に対処するために、Bytecoinは元の暗号通貨の設計に高度な調整を加えました。最初に、リング署名と1回限りの秘密鍵の両方を導入しました。」

Bytecoinの本当の誕生

ここで物事が厄介になります。プライバシーコインコミュニティでは、Bytecoinがいつ作成されたのか、誰によって、そして開発者の最終的な目標が何であったのかについて意見の相違があります。これは、プライバシーに焦点を当てたコインとしてのBytecoinの性質によって複雑になっています.

2014年に Redditスレッド, ライバルのプライバシーコインMoneroの作成者, リカルド・スパニ, ハンドルfluffyponyzaを使用して、これまでの議論のハイライトを概説しました.

伝えられるところによると、Bytecoinブロックチェーンは2012年に始まり、その間にコインの80%以上が事前に採掘されました。これは、1,840億コインのうち1,510億コインです。.

CryptoNoteホワイトペーパーが2013年10月にのみ発行されたことを考えると、これはどのように可能ですか。?

BytecoinRedditスレッド

いくつかの可能性があります…

Bytecoinブロックチェーンが改ざんされている可能性があります。または、CryptoNote開発者がBytecoinを秘密裏に作成し、事前にマイニングしてから、オープンソーステクノロジーを世界中にリリースし、2014年に大幅なスタートを切った可能性があります。.

「ブロックチェーンは、この2年間、公に観察または観察されませんでした」とfluffyponyzaは書いています。 「それが真実であると信じる理由はありません。真実であったとしても、公開前に1,840億BCNのうち約1,510億(82%)が採掘されたことを意味します。」

開発者は、誰が何を、いつ、そしてなぜ正確に書いたかについて、さらに多くの質問があると付け加えました。.

「BCNネットワークが11月(2013年)に開始されていたら、誰もそれを疑うことはなかったでしょう。むしろ、すべてのアカウントで、CryptoNoteホワイトペーパーの背後にいる個人が最初のコードを作成してBytecoin開発者に渡し、開発者がこれを実行し、ブロックチェーンを偽造した(些細な)ことは当然のことです。ブロックチェーンの改ざんが完了した後、3月に公開しました。」

fluffyponyzaは言った.

「BCNマイニングコードは、おそらく偽造されたブロックチェーンを合法的に見せるための方法として、意図的に機能しなくなって出荷されました。奇妙なだけでなく、最適化の方法を知らない暗号学者によって書かれただけでなく、遅いマイニングのために意図的に不自由になりました…ダウンロードと検証にかかる時間を改善することすらなく、2年間でハッシュコードを最適化することを誰も気にしませんでしたゼロからのブロックチェーン?ありそうもないと思います。」

Bytecoin、今日と明日

2019年2月の時点で、Bytecoinのコインあたりの価格は0.000586ドルで、時価総額は1億700万ドル強です。その最も有名な競争相手であるMoneroの価格は43.74ドルで、時価総額は7億3300万ドル近くです。.

これは物語を物語っていますが、驚くべきことに、Bytecoinのやや怪しげな過去やMoneroの最近の支配についてではありません。これは、匿名で送金することを目的としたコインが、数百万ドル、さらには数十億ドルの金額を要求する市場を表しています。 Bytecoinを取り巻く論争に値するかどうかは未解決の問題のままです。ただし、プライバシーコインが暗号通貨の世界で重要なニッチを切り開いたことは明らかであり、その影響力は今後も拡大し続けるでしょう。.

参考文献

  1. ビットコイン:ピアツーピア電子キャッシュシステム、Bitcoin.org
  2. https://www.coindesk.com/bitcoin-milestones-silk-road-goes-dark-bitcoin-survives-its-biggest-markets-demise/
  3. https://cryptonote.org/whitepaper.pdf
  4. https://www.ccn.com/interview-harry-ullman-bytecoin/
  5. https://np.reddit.com/r/Monero/comments/26we1g/why_monero_and_not_bytecoin/
  6. https://coinmarketcap.com/currencies/bytecoin-bcn/
  7. https://coinmarketcap.com/currencies/monero/

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me