中国

暗号通貨エコシステムの多くは、政府機関がそこで活動していると単純に想定しています.

暗号経済を巡回する新しいレポートは、これらの仮定にさらなる信憑性を与えています。 悪意のある、国が後援する力 有能な中国のハッキングチームを介してシーンに参入しました.

「AdvancedPersistentThreat 41」(APT41)として知られるグループであるハッカーは、2012年以来、サイバーセキュリティの世界で名を馳せています。近年、チームは金銭的利益を得るために企業、特にビデオゲーム企業をハッキングすることに特化しています。ゲーム内のお金を使う.

中国

それでも、前述のレポートの作成者であるサイバーセキュリティ会社FireEyeによると、APT41は利益だけに関心があるようには見えません。実際、同社が分析で説明したように、グループの事業は、支配的な中国政府の国内および国際戦略と密接に一致しているように見えます。

「他の中国のスパイ事業者と同様に、APT41は、中国の5年間の経済開発計画に概ね沿った方法で業界を対象としています。ただし、APT41に起因する一部のキャンペーンは、合併や買収などの差し迫ったイベントに先立ってインテリジェンスを収集するためにグループも展開されていることを示しています(M&A)そして政治的な出来事。」

FireEyeはまた、APT41の業務が最近新しい業界に拡大しており、暗号通貨に関与する企業がグループの最新のターゲットの一部であると述べました。 (注:春に、中国のトップマクロ経済管理者は、暗号通貨マイニングは国内で終了する必要があると述べました。少なくとも、国の当局がこのセクターにますます注意を払っていることを示唆しています).

たとえば、FireEyeは、APT41が過去に使用した電子メールアドレスと悪意のあるコードがグループによって時々再利用されており、それらのアドレスの1つが昨年の名前のない暗号通貨交換に対するフィッシングキャンペーンで展開されたと判断しました.

このグループの攻撃は、米国から韓国まで、12か国以上の企業や機関を標的にしており、FireEyeのレポートが何らかの兆候を示している場合、将来的にはより暗号通貨中心の攻撃を行う可能性があります。.

FireEyeレポートが国連北朝鮮レポートのかかとに登場

クリプトエコノミーは他のスペースと同じです。それは良いアクターと悪いアクターのシェアを持っています。北朝鮮のサイバー専門家は、後者のグループをリードする立場をますます切り開いています.

今週、ロイターは 国連分析 そのジャーナリストはレビューし、北朝鮮のならず者国家が国の武器プログラムのために資金を調達するように設計されたサイバー攻撃を通じてこれまでに20億ドルもの資金を調達したことを示しています。.

特に、これらのサイバー攻撃の一部は、暗号通貨取引プラットフォーム、暗号通貨マイニング操作、および主流の銀行機関を標的にしています.

レポートをまとめた国連の調査官は、ならず者国家の資金提供の一環として、約20か国のこれらのタイプの会場を標的とした北朝鮮のハッカーの約40のエピソードを発見しました.

特に、調査官は、暗号企業に対する北朝鮮の目標が、そのエージェントが「従来の銀行セクターよりも追跡が難しく、政府の監視と規制の対象とならない方法で収入を生み出す」ことをどのように容易にしたかを強調しました。

このような力学は、この夏、政府間金融活動タスクフォースによって批准された、新たに可決されたFATF規則の基礎として部分的に機能しました。.

ハッカーは一生懸命働き、ホワイトハットは勉強を続けます

ハッカーは暗号通貨エコシステムで快適に動き回ることができるかもしれませんが、サイバーセキュリティの専門家も時間が経つにつれてこれらのハッカーをよりよく理解するようになっています.

たとえば、昨年、5億を超えるNEM(XEM)を攻撃者に仕掛けた大規模なコインチェックハッキングは、当初、北朝鮮のエージェントの仕事であると推測されていました。.

しかし、この夏の初めの報告では、ロシア起源のマルウェアがCoincheckの従業員のコンピューターで発見されたことが明らかになりました。ロシアのハッカーが関与したという決定的な証拠ではありませんでしたが、その啓示は、専門家がより広範な攻撃スタイルの理解に近づいていることを示していました.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me