中国

5年以上前にデジタル通貨イニシアチブを開始して以来、中国の中央銀行である中国人民銀行(PBoC)は、この問題に口を閉ざしてきました。.

外の世界は、あちこちで行われたリークと手に負えないコメントのために、中国の意図を知っていただけでした。したがって、プロジェクトの詳細については多くの憶測が飛び交っています。.

最近、業界トップのベンチャーキャピタリストがこの投機トレインに参加しました, CNBCに伝える 彼女は、中国の暗号通貨の発売が間近に迫っていると信じているインタビューで、彼女自身のタイムラインを発行しています.

中国

わずか12か月先の中国の暗号?

Proof of Capital(ウェブサイトによるとBinance、Blockstream、Stellarに投資しているブロックチェーン中心のベンチャーファンド)のパートナーであるEdith Yeungは、11月20日にCNBCに、中国のデジタル資産は「間違いなく」立ち上げられると信じていると語った。次の6〜12か月。」

彼女はこの予測を裏付ける情報源を引用しなかったが、Yeungは、中国が計画した暗号通貨を10億人以上の人口に展開する方法について「本当に思慮深い」と述べた後、国が投入したリソースの量を示唆しましたこのプロジェクトは、差し迫った立ち上げを示しています。暗号通貨に関する中国のタイムラインに関する質問に答えて、投資家は次のように説明しました。

「もうすぐかもしれません。マーク・ザッカーバーグが議会で焼かれた直後のタイミングのように見えますが、これは過去数年間作業中であるものです。」

中国政府は "本当に思慮深い" デジタル通貨の電子決済フレームワークとその展開について.

と楽しいチャット #blockchain #crypto #中国 #EastTechWest @christinecnbc @arjunkharpal @CNBCi 今朝=) https://t.co/cY7alpimzT pic.twitter.com/VKna0rikB6

— Edith Yeung(@edithyeung) 2019年11月20日

中国が独自の暗号通貨を取得しようとしているというYeungの主張は、HCMCapitalのマネージングパートナーであるJackLeeが、PBoCデジタル通貨ネットワークが今後2〜3か月以内に開始されるとCNBCが報告した直後に発表されました。.

彼女の声明は、フォーブスからの同様のレポートに続いて熱くなります。「暗号通貨の背後にある技術は昨年から準備ができており、暗号通貨は11月11日、中国で最も忙しいショッピングの日、シングルとして知られています。日。”

息を止めないで

Yeungらは、暗号通貨の発売が近いと信じていますが、PBoCは異なることを懇願しています。 Blockonomiからの以前の報告によると、中国の中央銀行は先週の公式発表で、合法的なデジタル通貨を発行したという「ネットニュース(オンラインニュース)」は断固として誤りであると述べました。ステートメントの大まかな翻訳は次のようになります。

「中国人民銀行は合法的なデジタル通貨(DC / EP)を発行しておらず、取引を行うための資産取引プラットフォームを承認していません。中国人民銀行は2014年から合法的なデジタル通貨を調査しており、現在も調査とテストを行っています。」

PBoCはまだ完了していません。中国の中央銀行は、中国のメディアがプロジェクトと呼んでいる「DC / EP」または「デジタル通貨電子決済(DCEP)」の開始日を示唆する海外および国内の報告は「不正確」であると続けた。

米国は反応すべき

正確なタイムラインに関係なく、Yeungは、米国は人民元をデジタル化するために「急いで」中国の動きに対応する必要があると意見を述べました。.

別の著名なブロックチェーン中心の投資家であるAnthonyPomplianoは、この感情に同意しています。彼は今年初めに発行されたニュースレターの号で、米国はデジタルマネーシステムを確立するために、具体的には「[金銭的/経済的]利点を得るために」そして「何億人もの人々の想像力を捕らえるために」行動しなければならないと書いた。

この主張は、デジタル通貨について連邦準備制度に宛てた手紙の中で最近次のように書いた2人の議員であるフレンチヒルとビルフォスターによって裏付けられました。

「私たちは、デジタル法定通貨の幅広い採用により、米ドルの優位性が長期的に危険にさらされる可能性があることを懸念しています。国際的には、国際決済銀行が調査を実施したところ、世界40か国以上が現在デジタル通貨を開発しているか、開発を検討していることがわかりました。」

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me