プンディX

先進国のほとんどの人にとって、銀行を使えないという考えはとてつもないものです。発展途上国では、物事は非常に異なります。 Pundi Xは、通常の銀行システムを使用するのに十分なお金がない人でも、金融サービスにアクセスする必要があるという考えに基づいて設立されました。当初、Pundi XはAlipayのようなプラットフォームと同じ方針で機能していましたが、経営陣はすぐに、発展途上国の金融市場でフォースブロックチェーンがいかに強力であるかを理解しました.

プンディX

Zac Cheah、のCEO プンディX, 最近、彼の会社が目標を推進するためにブロックチェーンを使用している理由をBlockonomiに伝えました,

「ブロックチェーンを使用して銀行口座を持たない人を支援するというアイデアは、PundiXが存在する理由の中心にあります。インドネシアでは、人口の半分が銀行口座を持っていません。これらの文書の取得に伴うコストと距離の難しさにより、大多数の人々が口座を開設することは事実上不可能になっています。」

悲しい事実は、銀行は公共サービスではないということです。営利事業体として、銀行は貧しい人々が彼らのサービスにアクセスするのを助ける責任がありません。銀行はまた、十分な収入が得られないと思われる人々を差別する可能性があり、そのため、実際に低コストのオプションを使用できる人々が金融サービスにアクセスすることはほぼ不可能になります.

PundiXは本当の変化の一部である可能性があります

ブロックチェーンには多くの利点があり、今後のフィンテックのデフォルトプラットフォームになる可能性があります。従来の記録管理とは異なり、ほとんどの人間による監視の必要がありません。これに対する経済的な結果は、はるかに低いコストであり、人為的ミスの余地が少ないことです。.

「バンクレス」である世界の人口にとって、ブロックチェーンが生み出す効率の向上は、はるかに高いレベルのアクセス可能な金融サービスへの入り口です。 Pundi Xは、世界で最も貧しい人々を支援する機会を認識しているようです。 絶対に巨大な市場.

Humaniqアフリカリサーチ

読む:アフリカ諸国で暗号通貨を広める方法:Humaniq実験

塹壕からの眺め

確立された金融システムが世界の貧困層のための解決策を生み出していないことは明らかです。これの一部は銀行システム内に関連するコストによるものであり、一部は顧客としての規制コンプライアンスの達成に関連するコストに関係しています。.

チア氏は、銀行のない貧しい人々が直面している問題について拡大しました,

「多くの人にとって、口座開設に必要なすべての書類があるため、銀行に連絡することはできません。これらの書類の取得に伴う費用と距離の難しさにより、大多数の人々が口座を開設することは事実上不可能です。いわゆる「銀行口座を持たない」メンバーになることに関連する障害の多くは、文書化または富の証明可能性に関連しています。」

しかし、チア氏によると,

「ブロックチェーンテクノロジーは、収入と信用履歴の不変の記録を提供することにより、金融機関から独立したこれらの個人の信用履歴を確立する手段を提供します。それは彼らを金融機関から独立させるでしょう。」

金融サービスへのアクセスは、個人の繁栄を生み出すだけではありません。 2億6000万人以上の人口を抱える銀行のない人口は、多くの国の総人口よりも多いです。インドネシアだけが、伝統的な金融サービスプロバイダーを利用できない市民が多数いる場所ではありません。これは、社会全体に負担をかけます。.

ブロックチェーンがすべての人にとってどのように機能するか

貧困層が金融サービスにアクセスできれば、新しい種類の社会開発が可能になるでしょう。現金のみの経済で立ち往生している人々は、一般的に、効率の悪いシステムのために、より多くを支払う必要があります.

例として送金を取り上げます。ある人が銀行口座を持っておらず、別の銀行のない人に送金する必要がある場合は、ウエスタンユニオンやマネーグラムなどのサービスが唯一の選択肢です。これらのプラットフォームは高価であり、時間もかかる可能性があります.

Pundi Xのようなプラットフォームの使用はほぼ瞬時に行われ、通常の現金ベースの転送サービスよりもはるかに安価です。さらに、ブロックチェーンベースのプラットフォームは、マイクロローンの世界を人々に開放し、それらを実際に活用することができます。フィンテックのアクセシビリティのこの変化が世界の貧困層にどのように役立つかを知ることは不可能です, しかし、それは人々に力を与える可能性があります ブロックチェーンが可能にする効率なしでは不可能な程度に.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me