日本の暗号通貨

国内の金融サービス業界とまったく同じ方法でビットコインやその他の暗号通貨を規制した最初の国である日本は、しばらくの間、消費者保護を強化しようとしています。この点での米国の主要な目標の1つは、マネーロンダリング防止(AML)とKYC(Know-Your-Customer)の管理をさらに強化することです。.

そうは言っても、日本の金融業界の規制を担当する組織である日本の金融サービス機構(FSA)は、国内で運営されている暗号通貨取引所が完全なライセンスを取得している必要があると定めています.

宣言以来、そして CoinTelegraphによると, それ以来、FSAは190を超える個別のアプリケーションを受け取り、その後、管理上のバックログが増え続けています。.

日本の暗号通貨

日本は暗号通貨規制を正しく取得する必要があることを認識しています

日本は、世界で最も暗号通貨に優しい国の1つと見なされることがよくあります。暗号通貨は、その国内通貨である円と同じ観点から法的に見なされているだけでなく、管轄区域は、毎日のビットコイン取引の最大量にも責任があります。さらに、ビットコインを20万を超える実店舗で物理的に使用できるようになり、その数は月ごとに増加しています。.

しかし、その対極にある日本は、史上最大の暗号通貨とブロックチェーン資産スキャンダルのいくつかの本拠地でもあります。何よりもまず、悪名高いM.T.に家を提供したのは日本でした。最高潮に達したGox取引所は、すべてのビットコイン取引活動の70%以上を担っていました.

そして2018年1月に、日本を拠点とする暗号通貨取引所Coincheckは広範囲にわたるハッキングに慣れていたため、5億3200万ドル以上のNEMトークンが盗まれました。取引所はすべての投資家に返済することを誓っていますが、国内で活動している暗号関連組織の資格情報に再び薄暗い光を当てています.

コインチェックハックの歴史

読む:コインチェックハックの歴史:史上最大の強盗の1つ

他の例はこの記事の範囲を超えていますが、それらが存在することに注意することが重要です。したがって、FSAが国内で発生する暗号通貨関連のスキャンダルの量を削減するか、少なくとも大幅に削減しようとしているのは当然のことです.

日本の当局は疑わしい活動の報告を要求します

日本の当局が暗号通貨交換ライセンス申請で探している主な要件の1つは、問題のプラットフォームが厳格なAMLおよびKYCプログラムをインストールして、金融犯罪を確実に阻止することです。これには、プラットフォームがユーザーによってマネーロンダリング犯罪が試みられたと信じる合理的な理由がある場合に、取引所が疑わしい活動報告(SAR)を提出することへの期待が含まれます。.

SARは、世界の大多数の州で使用されているAMLツールであり、金融​​インテリジェンスユニットは、マネーロンダリングやテロ資金供与に関連する国内規制の潜在的な違反をさらに調査することができます。 2018年1月から10月までの9か月間に、FSAは暗号通貨の潜在的な違法使用に関連する5,944件を超えるレポートを受け取りました.

日本で台頭している疑わしい暗号関連活動の報告

この数は、2017年に受け取った669と比較すると、さらに重要です。ただし、金融サービス業界と同様に、組織は、次のような場合に身を守るために「防御SAR」を提出することが多いことに注意してください。マネーロンダリングの乱用は実際に起こっています。組織は、万が一の場合に備えて、報告しないことで起訴されるリスクを冒すのではなく、SARを提出すると考えられています。.

これは、すべてのSARを個別に調査する必要があり、その後リソースに負担がかかるため、財務インテリジェンスユニットに大量のバックログが作成される限り、直感に反する場合があります。.

最終的には、SARの提出の場合と同様に、日本のFSAも未処理の交換ライセンス申請の数に圧倒されているようです。.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me