お金の未来

確立された金融コミュニティと最高レベルの暗号開発の両方でコンセンサスが高まっているようです。先月、国際通貨基金(IMF)の責任者、クリスティーヌ・ラガルド, シンガポールでスピーチを行いました 20世紀の法定通貨の実験が終わった瞬間として、それは歴史に残るかもしれません.

確かに、大きな変化は一夜にして起こりません。ラガルド氏はスピーチの中で、現代の金融システムがそれほど長くは続かない理由を概説しました。彼女はまた、銀行の性質であるより大きな問題とお金自体を提起しました.

お金の未来

一元化された信頼の死

今日のことを忘れがちです 通貨システム たった1971年にさかのぼり、当時のニクソン大統領は、すべての米ドルが表すはずの金を届けることを拒否しました。フランスは金属を要求し、ニクソンは拒否した.

これ以前は、お金は金属でした。金または銀(場合によっては銅).

クリスティーヌラガルドがシンガポールで指摘したように,

「町の広場を中心とした地元の商取引では、トークン(金属コイン)の形のお金で十分でした。そしてそれは効率的でした。」

ラガルドさんは、私たちが現在住んでいる世界とはかけ離れた世界を参照しています。現在、お金は銀行のコンピューターに保持されている数字であり、それ以上のものではありません。世界が何十年にもわたってデジタル通貨を使用しているため、確立された銀行システムがデジタル通貨に対して非常に批判的であったことは、いくぶん皮肉なことです。.

現在起こっている変化は、お金の性質とは何の関係もなく、誰がそれを発行することを信頼されているかと関係があります。.

基本についての意見の相違はありません

最近のツイートで、リップルのCEOであるブラッドガーリングハウスは次のように述べています。,

「@ラガルドは絶対に正しいです。お金自体が変化しています。デジタル資産は、金融包摂の問題を解決するのに役立つだけでなく、破綻したグローバル決済システムの非常に現実的な問題も解決します。中央銀行が傾倒するのは当然のことです。」

.@ラガルド 絶対に正しいです:お金自体が変化しています。デジタル資産は、金融包摂の問題を解決するのに役立つだけでなく、破綻したグローバル決済システムの非常に現実的な問題も解決します。中央銀行が傾倒するのは当然のことです。. https://t.co/aFKwrF6Vf9

—ブラッド・ガーリングハウス(@bgarlinghouse) 2018年12月14日

リップルは、暗号の世界ではやや独特です。確立されたインフラストラクチャを回避するために機能する多くのプラットフォームとは異なり、リップルは世界最大の銀行のいくつかと協力しています。また、バンクオブアメリカ、メリルリンチ、シティグループ、ウェルズファーゴ、BBVA、HSBC、バークレイズ、UBSなどのメガバンクをメンバーに数えているR3(再び)とも緊密です。.

リップルの立場は、確立された金融システムと、アカウントの開設に数分かかり、支払いをグローバルに数秒で行うことができる暗号通貨の世界との間のギャップにまたがっています(一部のプラットフォームの場合).

Christine Lagardeの言葉によれば、「デジタル化の新しい風が吹いています。この新しい世界で、私たちはいつでもどこでも会います。町の広場が戻ってきました—事実上、私たちのスマートフォンで。私たちは情報、サービス、さらには絵文字さえも、即座に…ピアツーピア、人から人へと交換します。」

極端に冗長

クリスティーヌ・ラガルドはスピーチで多くの自己奉仕的で修辞的な質問をした後、これをケーブルに落としました。「デジタル通貨を発行する可能性を検討する必要があると思います。国家がデジタル経済に資金を供給する役割があるかもしれません。」

本当に?州には「役割」があるかもしれません?

州は何十世紀にもわたってお金の性質を管理してきましたが、現在、銀行や政府を信頼する人々の必要性を排除するテクノロジーによって「役割」が危険にさらされています。これは政府や銀行に余地を残す金融理論の問題ではなく、彼らの存在に対する実存的な脅威です.

フィアット通貨

読む:法定通貨の問題

今のところ、大衆は中央銀行のシェルゲームだけに裏打ちされた法定通貨を使って喜んでいます。その信頼が続く限り、暗号の採用は暗号ブルの期待に遅れをとる可能性があります.

法定通貨が私たちに何かを教えてくれたとしたら、それは何もないところからのお金が常に元の場所に戻ってしまうということです。それが世界の4つの主要な法定通貨(USD / EUR / JPY / GBP)に起こったとき、暗号に対する一般の見方はおそらく根本的に変わるでしょう。.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me