暗号通貨とブロックチェーン

2009年以来、ビットコインはいくつかの高値と安値を経験しています。史上最高の高値は2017年12月で、ビットコインはファンファーレとメディアの誇大宣伝の中で19,783ドルに達しましたが、それ以来、市場ではBTCの価格が現在3,500ドル前後で推移しているという多くの修正が見られました。私たちが現在直面している弱気相場は、多くの人から「クリプトウィンター」と呼ばれていますが、それを「ビットコインの死」と呼んでいる否定論者は、歴史を覚えておくとよいでしょう。BTCは現在、326回以上死んでいると宣言されています。.

暗号通貨とブロックチェーン

注意:これは、のCEOであるAlexMomotによるゲスト投稿です。 レム.

Remmeについてもっと読む.

暗号通貨の分離 & ブロックチェーン

長期的な投資について考えるとき、それを支えるブロックチェーンテクノロジーから暗号通貨を分離することが重要です。代わりに、プロジェクトの固有の価値を調べる必要があります。価値のストアとしての暗号通貨の価値は、特定のユーティリティを宇宙にもたらすはずのブロックチェーンプロジェクトとはまったく異なります。純粋な暗号通貨は推測されやすい一方で、ブロックチェーンと分散化はそれがサポートするdAppの価値に基づいていると主張することができます.

過去には、暗号通貨を評価する一般的な方法は取引量によるものでしたが、これは非常に時代遅れで信頼性の低い指標です。数年前、最大の流動性は取引所#1にあり、より小さな取引所にスクロールダウンすると流動性が低下することは明らかでした。今日では、多くの場合何度もボリュームを入札するボットのおかげで、状況ははるかに明確ではありません。その結果、取引量からトークンへの関心を判断することはばか者の用事です。これらの取引所で取引されているブロックチェーンプロジェクトは、水を濁している取引ボットのおかげで、関心を適切に測定できない場合もあります。.

地方分権化のメリット

そのため、ブロックチェーンのコアバリューは、その取引量や同様の指標を見ても見つけることができませんが、その上に構築できるアプリケーションで見つけることができます。ファンダメンタルズに立ち返り、付加価値のある商品をつくる必要があります。で REMME 私たちはまさにそれに焦点を当てています。公開鍵インフラストラクチャへの新しいアプローチを提示するために、セカンダリレイヤーでオープンソースプロトコルとdAppを開発します。多くのサイバーセキュリティスペシャリストはイノベーションに警戒を続けていますが、業界が新しいツールとソリューションを必要としていることに同意しています。その結果、サイバーセキュリティなどの保守的な業界でさえ、分散化のメリットを真剣に検討することを余儀なくされています。分散型の信頼ソースを利用することの利点は、ユーザーフレンドリーなセキュリティの向上とそれに続く大幅なコスト削減をもたらします.

サイバーセキュリティセクターがこの新しいテクノロジーを採用する場合、それは、ニーズを満たすために進化したブロックチェーンとdAppを活用することによってのみ発生します。スマートブロックチェーンプロジェクトはすでに正しい方向に向かっており、2019年は市場で採用される最初のdAppが見られる年になると思います。企業では、これまで以上に多くのブロックチェーンのユースケースが見られるようになり、企業外では、金融サービスでのブロックチェーンの採用が増えるでしょう。.

まだ始めたばかりです

要するに、地方分権化の時代は始まったばかりだと思います。この革新の波は、さらに多くの暗号通貨をもたらすだけでなく、誇大広告だけでなく実際の製品に裏打ちされたものの価格を上げるのに役立ちます。そして番号はそれを確認します。による Dappsの状態 毎月のdApp開発は2017年12月以来182%増加しています。暗号通貨の冬を予測している人は、冬の後には常に春が続くことを覚えておく必要があります。暗号は終わっていません–それはまだ始まったばかりです.

アレックスについて

Alexは10年以上のIT経験を誇り、2013年からブロックチェーンスペースで働いています。2014年に彼はBitXを運営しました。これは、人々がビットコインで通信やその他の日常サービスにお金を払うことを可能にする新興企業です。アレックスは過去3年間、ビットコイン財団ウクライナの理事を務めており、2015年からビットコインマイニングにも携わっています。現在、分散型公開鍵インフラストラクチャプロトコルおよびPKI対応アプリであるREMMEの共同創設者兼CEOです。現代のウェブのために.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me