2018暗号は失敗します

今年は暗号通貨にとって最高ではなく、ほぼ全体にわたって長引く弱気相場に耐えてきました。その過程で、宇宙の企業やチームが「BUIDL」を続けているため、多くの前向きなニュースや進展があり、問題もかなりの割合で発生しています。.

2018暗号は失敗します

2018年が最後の週に入ると、今年発生した最大の暗号通貨の大惨事のいくつかを振り返ってみましょう.

5.韓国のハッキング

で発生した暗号攻撃 世界の隅々 2018年には、韓国の「南半分」(大規模な暗号通貨とテクノロジーのハブと見なされることが多い)がかなりのシェアを占めました。たとえば、6月には、この国は2つの交換ハッキング(CoinrailとBithumb)の対象となり、合計で7100万ドルを超える損失が発生しました。 Coinrailは、約4,000万ドルの暗号通貨ファンドがさまざまなホットウォレットから消えるのを見ましたが、Bithumbは3,100万ドル以上を失いました.

ビッサムハッキング

読む:Bithumb Hacked:盗まれた資産で3000万ドル

さらに、韓国の北部の隣人は、韓国のコンピューティング能力を通じて抽出されたデジタル資産を見たさまざまな暗号ジャック攻撃を通じて、いくつかの事例で国を犠牲にしたとされています.

4.ビットコインの年末のボラティリティ

ビットコインはおそらく2年間で最低レベルのボラティリティにあったとの報告を受けて、誰もが好む暗号通貨が下がり始めました。まず、5,000ドルの範囲に落ちました。その後、4,000ドル。プレス時には、ビットコインは15か月ぶりの安値で取引されており、1コインあたり3,400ドル強で取引されています。これは12月のストッキングに残っているプレゼントですか?メリークリスマス、みなさん…

ビットコインとは何ですか?完全ガイド

読む:ビットコインとは何ですか?究極のガイド

加えて, 多くの情報源がビットコインを主張しています ビットコインが回復し始める前に1,000ドルまで下がる可能性があるとの意見もあり、底打ちは行われていません。.

3.暗号犯罪:10億ドルが盗まれました

モスクワを拠点とするサイバーセキュリティ会社Group-IBは、2年間で10億ドル近くの暗号通貨ファンドがさまざまな投資家やトレーダーから盗まれ、2018年には半分以上が消滅したと述べた新しいレポートを発表しました。.

昨年、暗号ベースの犯罪が屋根を通り抜け、偽のイニシャルコインオファリング(ICO)のようなものが泥棒になりました 投資家からの5億ドル以上. 事態は非常に悪化したため、証券取引委員会(SEC)はICOに対してより強力なスタンスを取り、特定の登録プロセスを主張し、遵守しない者を罰しました。最近のSEC和解には、ParagonCoinおよびAirFoxとの和解が含まれます。伝えられるところによると、どちらも以前のICOを有価証券として適切に登録できず、それぞれ約250,000ドルの罰金が科せられました。.

2.ジョングリフィンのテザーレポート

これは、ハッキングや盗難とはそれほど関係がありませんが、ビットコイン(世界一の暗号通貨)とテザー(2014年に最初に到着した著名な安定したコイン)の劣化です.

テザーガイド

読む:テザーとは?

2018年6月、テキサス大学の財務教授であるJohnGriffin氏 新しいレポートをリリース 2017年に非常に顕著に発生したビットコイン価格の急上昇は、潜在的な操作の結果であると主張しています。レポートは、ビットコインの価格がわずかでも下がるたびに、テザーを使用して通貨を購入し、その価値を押し上げたと述べています。テザーを使用してBTCを購入する際、これは最終的に通貨を米ドルに結び付けました。これはテザー価格をサポートしていると報告されており、その価値を維持するのに役立ちました。.

1.コインチェックハック

おそらく今年最大のイベントは、皮肉なことに、開始間際に行われたイベントです。もちろん、2018年1月に発生し、山が設定した記録を破った悪名高いCoincheckハッキングについて話しています。世界最大の暗号通貨の盗難としてのGox.

これは大きなママでした。日本全体を追い詰めたもの。盗難は1月の最初の数週間に発生し、5億ドルを超える暗号通貨ファンドが一夜にして姿を消しました。取引所はそのホットウォレット戦術で広く批判され、多くの人が同社が顧客や資金を保護するのに十分なことをしていないと信じていました.

日本の暗号通貨

読む:日本が取引所の暗号通貨登録プロセスを強化する

これは日本の金融庁(FSA)の注目を集めました。組織は暗号通貨のシーンでより積極的な役割を果たし始め、Coincheckと協力してセキュリティプロトコルを強化し、競合するすべての取引所に、同じことをしなければ永久に閉鎖されると脅迫的な手紙を書きました。日本は現在、世界で2つの最大の暗号通貨ハックの本拠地です-おそらくかなり恥ずかしいことです.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me