uPlexa

uPlexa 匿名のブロックチェーン支払いを可能にするために、モノのインターネットデバイスからの大量のコンピューティング能力を奨励することを目的としています。プラットフォームはIoTに依存して、p2pIoTベースの支払いを介して匿名性とeコマース機能を提供します.

uPlexa

uPlexaについて注目すべき興味深い点は、ICOがなく、会社ではないということです。代わりに、現在のテクノロジーとプロセスを混乱させるアイデアを持っているのは草の根コミュニティです。これは、「大量のインフラストラクチャ、賞金、空中投下、およびチームの努力に継続的に資金を提供するために」、7%のプレマインによって資金提供されています。

uPlexaのアイデアは、開発者と鉱夫がビットコインのミートアップに続いて話していたときに生まれました。彼らは、スマートテレビのようなIoTデバイスでマイニングする方法を誰も開発していなかったという事実について話しました。そこから、彼らは研究開発、ネットワーキング、ブレーンストーミングなどに数か月を費やしました。最終的に、uPlexaはベータマイニング期間を実行することができ、その後、オープンソースコードを公開しました。ベータマイニング期間は、リリース前にバグにパッチを当てる機会を与えました.

uPlexaは代替可能なIoTマイニングをどのように提供しますか?

uPlexaにはいくつかの目標があり、それらを順番に達成する予定です。まず、uPlexaは代替可能なIoTマイニングエクスペリエンスを開発します。現在84億のIoTデバイスがあり、2020年までに200億を超えると推定されています。uPlexaはこれらのデバイスを使用してネットワークに電力を供給します.

これが可能なのは、uPlexaがモノのインターネットデバイスを使用してブロックをマイニングできるためです。これにより、ネットワークに電力が供給され、トランザクションが処理されます。この目標を達成するために、uPlexaは、IoTマイニングで利益を上げることができる修正されたCryptoNoteアルゴリズムに依存しています。同時に、ASICテクノロジーを防止することで集中マイニングを防止します.

IoTデバイスを使用してマイニングすることにより、これらのデバイスは、現在使用していないリソースのごく一部を使用する可能性があります。そうすれば、彼らは定期的に使用する電気の一部を支払うのに十分なお金を稼ぐことができます.

uPlexaの機能

uPlexaの目標

uPlexaは、代替可能なIoTマイニングを提供するという目標に加えて、複数のプラットフォームの開発を目指しています。 uPlexaに基づいて、これらのプラットフォームは、代替可能性、追跡不可能なトランザクション、およびプライバシーという目的を補完します。最初のプラットフォームは、22兆ドル以上の価値があるeコマース業界に焦点を当てています。 uPlexaは、匿名でuPlexaに基づくeコマースプラットフォームを構築および統合します.

同社は、eコマース向けにカスタマイズ可能なエクスペリエンスを作成したいと考えています。ストアが収益を上げるまで完全に無料で使用しながら、uPlexaと暗号通貨をサポートします。この一部には、ほぼゼロの混雑モデル(NGZM)が含まれます。これはオフチェーンモデルであり、ウェブマスターや企業にAPIを提供して、オフチェーントランザクションを処理できるようにします。これは、eコマースにおけるチームのバックグラウンドによって容易になります.

もう1つの目標は、uPlexaで匿名のサービス支払いを保証する方法として、さまざまなITサービスプロバイダーとのパートナーシップを確立することです。匿名のサービス支払いでは、サービスプロバイダーは特定のクライアントデータを政府や他の企業に販売することはできません。これにより、ハッカーや政府のスパイプログラムの潜在的な影響が軽減され、セキュリティが向上するはずです。.

uPlexaの主な機能

uPlexaは、IoTデバイスおよびサービスで機能するp2p目的の安全な支払いシステムです。 uPlexaの最大の焦点の1つは、IoTマイニングを収益性の高いものにするという前述の目標です。これにより、uPlexaが最も分散化された通貨に変わります。 uPlexaは、IoTパワーを使用して製品やサービスの支払いを行ったり、単にクレジットを取得したりすることを可能にします.

uPlexaは、さまざまなテクノロジーが調和して機能するため、チェーンのオンとオフの両方で機能を備えています。また、修正されたCryptoNightアルゴリズムのおかげで、極端なユーザー匿名性も実現します。 uPlexaでのすべてのトランザクションは追跡不可能でプライベートです.

uPlexaのゼロに​​近い輻輳モデルでは、迅速なトランザクションのためにネットワークの輻輳がほとんど発生しません。トランザクション速度をさらに向上させるために、uPlexaは軽量のブロックチェーンとわずか2分のブロック時間を備えています.

uPlexaは、電話などのIoTサービスの料金を支払いたいユーザーに匿名の支払いサービスを提供することでOpSecを提供します。また、暗号化とグローバルp2pコンセンサスネットワークを介した配布を使用することで、非常に多くのセキュリティが確保されます。最大限のセキュリティを確保するために、uPlexaチームは、実際にコードを作成するよりも、コードのチェックと監査に多くの時間を費やしています。コードもオープンソースであり、ベータ鉱山がありました.

使い方

uPlexaのAndroidマイナー

uPlexaのユニークな機能の1つは Androidマイナー, リリースされたばかりです。競合するAndroidマイナーがいくつかありますが、これらのプログラムはAndroidでのマイニングをシミュレートします。対照的に、uPlexaのマイナーは真のAndroidマイナーです。これはブロックチェーン上に構築されており、モノのインターネットと連携することを目的としており、実際のハッシュ機能を可能にします.

Electroneumなどの競合他社は、Androidデバイスで実際にマイニングしないアプリケーションを入手するのに数年を要しました。また、16人のチームメンバーとそのための4000万ドル以上の資金が必要でした。対照的に、uPlexaAndroidマイナーは追加の資金を必要としませんでした。コアuPlexaチームメンバーの3人は、それを完了するのに数か月しかかからず、真のマイニング機能を提供しました.

Androidウォレット

完全に機能するAndroidマイナーは2019年2月15日にリリースされました。これにより、Android IoTデバイスは、デバイスのこれまで未開発のリソースのごく一部を使用して、uPlexaネットワークトランザクションを強化できます。代わりに、マイナーを使用する人は報酬としてUPXコインを受け取ります。基本的に、Androidマイナーを使用するユーザーは、トランザクションとネットワークプロセスの実行でネットワークを支援するための支払いを受け取ります.

uPlexaマーチャント決済サービス

非常に近い将来、uPlexaはMerchant Payment Services(MPS)をリリースする予定です。このプログラムを使用すると、eコマースの専門家、開発者、およびWebマスターは、独自のプライベート支払いをuPlexaブロックチェーンに簡単に統合できます。.

uPlexaトークン

uPlexaはICOを提供しないことで独自のアプローチを取っています。代わりに、プラットフォームはさまざまな報奨金を授与します。エアドロップ、チームの努力、報奨金、およびインフラストラクチャに継続的に資金を提供するために使用される7%の事前採掘があります。 uPlexaはICOを保持しないことを選択しました。これは、何かに値札を付ける前に、コミュニティの価値を提供する必要があるとチームが感じているためです。.

uPlexaからのすべてのチームメンバーと報奨金は、uPlexaトークンで支払われます。 uPlexaがIoTサービスプロバイダーのようなパートナーに署名するのを助ける人々には報奨金があります。 uPlexaまたはその関連プラットフォームの両方で、誰かが中程度から重度のバグを見つけた場合にも、バグの報奨金があります。最後に、翻訳の報奨金があります。これは、uPlexaのホワイトペーパーとWebサイトを翻訳した人に授与されます.

結論

uPlexaは、モノのインターネットに基づくp2p支払いを可能にします。また、モノのインターネットを使用したマイニングを収益性の高いものにすることができる独自のブロックチェーンとテクノロジーを使用しています。すでにAndroidマイナーがリリースされており、uPlexaはこれを拡張して他のIoTデバイスの機能を追加します.

将来的には、uPlexaは拡張を続け、eコマースをはじめとするユーティリティ用のさまざまなプラットフォームを作成します。チームはまた、個人データの使用または販売を防ぐために匿名のサービス支払いを許可することに取り組んでいます.

前述のように、uPlexaのAndroidマイナーはすでに利用可能であり、マーチャントペイメントサービスはまもなく提供されます。これは、uPlexaがすでに目標に向かって進歩していることを示しています.

便利なリンク

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me