ナスダック

今週、Cordaデジタル台帳の作成者であるエンタープライズブロックチェーンコンソーシアムR3は、金融サービスの巨人であるNasdaq、Inc。とのパートナーシップを発表しました。 ナスダック証券取引所. 目標?大規模な機関が独自のデジタル資産市場を立ち上げ、維持するのを支援する.

4月29日水曜日に発表されたこのメルドでは、大企業のマーケットテクノロジー部門がCordaを同社のプロフェッショナルサービスインフラストラクチャと組み合わせて使用​​し、デジタル資産交換のための「完全なライフサイクルソリューション」を構築します。.

アナウンスポスト, 組織は、このコラボレーションにより、ナスダックが「より広範なプラットフォームとパートナーシップ戦略」を拡張できると同時に、コーダが「完全な[デジタル]資産ライフサイクルの管理」を目指す企業にとってますます重要な基盤となるのを支援すると述べました。 R3の最高収益責任者であるCathyMinterは次のように付け加えました。

「金融機関は、のニーズに対応するための大きな可能性をますます認識し始めています。 デジタル資産. 私たちは彼らがこれらの資産に対応できるよう支援します…ナスダックと協力して、デジタル資産市場を構築できる世界クラスのプラットフォームを提供し、これらの市場や世界中の他の市場の成長を急速に加速させます。」

機関が来ています

Nasdaq.comは、R3のパートナーシップ発表の投稿に加えて、 ピース 「デジタル資産の制度化に向けた旅」と題された。

そこでは、ナスダックのデジタル資産リーダーであるJohan Tollが、ブロックチェーンテクノロジーとデジタル資産が今後数年間で大規模な機関に採用され続ける方法について話し合いました。.

これらの発言の一部として、トールは、R3とCordaプロジェクトで、ナスダックはこれらの今後の企業のニーズに対応するための理想的なパートナーを見たと述べました。

「高度に規制された環境向けに特別に設計されているため、Corda Enterpriseプラットフォームを中心にR3との話し合いを開始しました。R3は、世界をリードする中央集権型金融機関にサービスを提供する最初のブロックチェーンパイオニアの1つです。彼らのプラットフォームはナスダックのテクノロジーエコシステムにうまく適合し、プラットフォームに接続することで、現在のレガシーテクノロジーシステムに新しいレベルの相互運用性と統合の容易さを提供するスケーラブルな設計の力を利用できます。」

ナスダックのデジタル資産市場への焦点のシフトは、従来の市場とワークフローが全面的にデジタル化に向かっているためです、とトール氏は述べています。幹部は、このような環境では、Cordaのような低摩擦プラットフォームが効率性、透明性、相互運用性のメリットを提供すると付け加えました。.

「その間、物理的な資産と証明書のデジタル表現を取引するための新しいタイプの金融および非金融市場が作成されます」とトール氏は述べています。.

R3は主流に目を向けています

最近、R3とそのCorda techは、大規模な主流企業からいくつかの注目すべき抱擁を上陸させました.

たとえば、現在30兆米ドル以上の資産を確保している大規模なカストディアン銀行であるBNYメロンは、2019年11月に、Cordaを利用した銀行向け貿易金融ネットワークであるMarco Polo Networkに参加しました。このネットワークは、参加者が取引コストを削減するのに役立ちます。また、効率やセキュリティなどに関しても、大きな保証があります。.

「マルコポーロのメンバーとのコラボレーションは、トランザクションのライフサイクル全体を通じてクライアントエクスペリエンスを向上させる革新的な機会を提供するという私たちの取り組みのもう1つの指標です」とBNYメロンの貿易金融のグローバル責任者であるJoonKimは当時述べています。.

2019年9月、R3は、決済大手のMastercardと戦略的パートナーシップを結び、「グローバルな…決済インフラストラクチャをMastercardの清算および決済ネットワークに接続する」ことを目的とした新しいクロスボーダー決済ソリューションを試験的に導入しました。.

Mastercardとのパートナーシップの数か月前に、R3はVoltronプロジェクトに関する試験を完了しました。このプロジェクトの初期テストでは、Alfa Bank、ING、SocieteGeneraleなどの数十の主要銀行が参加しました。.

「Voltronはブロックチェーンテクノロジーを使用して、紙ベースの信用状のプロセス全体を実行するのにかかる時間を5〜10日から24時間未満に短縮します」とR3は述べています。.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me